● 在校生・保護者の方へ
● 卒業生の方へ

図書館ブログ

🌂純心L時間 1🌂

高総体・中総体も終わり、早いものでもう6月も半ばになりました。

長崎市も梅雨入りし、すっきりとした天気の日が少ないです。晴耕雨読ではありませんが、こんな時は読書に限ります。

 

今年度も、各クラスでは図書委員を中心に『純心L時間』が行われています。

純心L時間は、自分が読んだ本の感想をクラスで紹介する時間ですが、これは1973年から始まっていますので、約50年の伝統を持っています。

ちなみに、純心L時間のLは「LIBRARY」の頭文字からつけられています。

今年度は紹介された本は、現在で70冊以上!これからも増えていきます。

紹介された本を見てみると、現在・過去のベストセラーから、知的な本、感動的な本、へぇと思う本などいろいろあります。

これらの本のほとんどは図書館で所蔵しています。

図書館に無い本も、リクエストも出来ますので読んでみたいと思う本があれば、カウンターにお伝えください。

紹介された本は、『L時間で紹介された本』としてコーナーをつくっています。

同級生、先輩、後輩がどんな本を面白いと思ったのか、ぜひ図書館にきて手に取ってみてください!

 

📚L時間で紹介された本(一部)📚

『ちいさなあかり』W.I.S.H

『クリスマス12のミステリー』アイザック・アシモフ

『メディウム』相沢 沙呼

『幻想古書店で珈琲を』蒼月 海里

『ままならないから私とあなた』朝井 リョウ

『十角館の殺人』綾辻 行人

『今夜、この世界からこの恋が消えても』一条 岬

『この冬、いなくなる君へ』いぬじゅん

『王女コクランと願いの悪魔』入江 君人

『桜のような僕の恋人』宇山 佳佑

『ぼくの小鳥ちゃん』江國 香織

『モモ』ミヒャエル・エンデ

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』岡田 麿里

『いなくなれ、群青』河野 裕

『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』神田 桂一

『一リットルの涙』木藤 亜也

『不思議の国のアリス』ルイス・キャロル

『独歩病牀録』国木田 独歩

『センセイ君主』幸田 もも子

『余命10年』小坂 流加

2022.6.17