在校生・保護者の方へ
卒業生の方へ

建学の精神

純心女子学園の設立母体である純心聖母会は、1934年(昭和9年)に日本人初の司教早坂久之助によって創立された修道会です。 純心という校名は、「聖母の汚れなき御心」に捧げられた修道会の精神からつけられています。 本学園はカトリックの精神にもとづく「聖母マリアを理想」とした女子教育を行っています。 1945年(昭和20年)8月9日には原爆投下により校舎は全焼、多数の生徒・教職員が殉難するという苦難もありましたが、現在では保育園・幼稚園・中学校・高等学校・大学・大学院をもつ学園として発展し、東京・鹿児島にも姉妹校があります。 また純心聖母会は、長崎・鹿児島・山口・広島・東京・埼玉・ブラジルにおいて幼稚園・保育園・老人ホーム・診療所を設けるなど教育・福祉事業にたずさわっています。

教育方針

清く・かしこく・やさしい女性に

カトリックの精神に基づいた女性としての生き方を、学園の理想とする聖母マリア(清く・かしこく・やさしい女性)に倣い、豊かな人間性を育みます。目まぐるしく変化する世界の中にあっても、ゆるぎないキリスト教的価値観で愛と感謝、そして奉仕する心を深めます。「祈り」と「学び」で織りなされた学校生活も、静かな落ち着いた雰囲気につつまれ、教師と生徒が互いに信頼し合い、授業や学校行事を通して、人としてかけがえのないものを学びます。

確かな学力

基礎学力の充実をはかり、将来への「学ぶ力」を養い、豊かな知識と人間性を育てます。そのためにも、一人ひとりが自分の能力と適性を最大限に伸ばし、自主的にゆとりを持って学んでいくことができるように「二学期制」を導入しています。また、実力養成のため、隔週土曜日に授業を行います。放課後の補習やきめ細かな個人指導をはじめ、長期の休みの希望進路に応じた補習などを通して実力を身につけ、「学んだ力」を発揮します。

教育目標

令和元年度 教育目標

喜びの発信者

  • 「自ら学ぶことの喜び」を知る
  • 「自分の可能性に挑戦する喜び」を知る
  • 「喜ぶ人と共に喜び、泣く人と共に泣く」(ローマ12・15)
『喜びの発信者』とは、「私が喜びを伝える存在になる」ということです。
・あなたがいれば、元気になる。
・あなたがいれば、がんばりたくなる。
・あなたがいれば、失敗しても落ち込まなくていられる。
そんな存在になるということです。

聖書のことば

ローマ 12・15

喜ぶ人と共に喜び、泣く人と共に泣きなさい。

教育の特色

豊かな人間性をはぐくむために、「心」の成長を大切にします。

本校はカトリックの女子校です。12歳~18歳という多感で大事な6年間、
学力だけでなく精神面も成長できるよう、純心はさまざまな取り組みを行っています。

心の教育(カトリック精神に基づいて)

  • 聖書を読むことで一日は始まり、お祈りをすることで一日は終わります。「祈り」と「感謝」の中で、一日一日を大切に過ごします。
  • 週1時間「宗教」の時間があります。カトリックのことはもちろん、生き方・命の大切さなどを考え、人として生きていくための「心の成長」を促します。
  • 月訓を毎月かかげています。将来社会で必要な礼儀・作法を自然に身につけることができます。
  • 毎日の掃除を生徒・職員全員で心を込めて行います。伝統の「奉仕」と「感謝」の心を育てます。

一人ひとりを大切に

本校にはスクールカウンセラー・スクールソーシャルワーカーがいます。思春期・成長期にさしかかり、悩んだり考えたりするときに、専門家が相談にのり、心のケアを行います。

学びの場

錬成会

心身ともに健全な女性を育てるために創立当初から労作教育を重視し、勤労体験学習として錬成会を長年実施しています。クラスごとに一泊二日の日程で、三ツ山のセミナーハウス(聖ヨゼフの家)に行き、そこで団体生活をしながら基本的な生活及び純心の精神を学びます。また、原爆ホームなどでの奉仕活動や畑での農作業を通して、普段の学校生活・授業とは異なる環境の中で、奉仕の精神や勤労の尊さも学びます。

奉仕活動

初代学園長江角ヤスは原爆により多数の生徒が亡くなったことに心を痛め、生徒たちに代わって残されたご両親の老後をお世話したいと考え、三ツ山に福祉施設を建てました。その思いを受け継ぎ、今もさまざまな奉仕活動が行われています。中学のボランティア部は老人ホームの訪問や清掃奉仕、病院でのお手伝いなどに参加しています。高校のミゼリコルディア部は30年前に発足した伝統あるクラブです。主に、献血の呼びかけ、街頭募金活動、老人ホーム・養育院などの施設訪問などの活動を行い,毎週火曜日には手話学習も実施しています。

平和教育

原爆で大きな被害を受けた歴史を持つ本校にとって「平和」は創立の基本にかかわるものとなっています。 1952年の朝鮮戦争の際、当時の生徒会の呼びかけで始まった世界平和のためのロザリオの祈りは、半世紀を経た今なお続けられています。原爆で子どもを亡くされたご両親が次第に年をとっていかれる姿に、初代学園長江角ヤスは三ツ山に原爆ホームを設立しました。そこは毎年、本校生徒の奉仕活動の場となっています。また、被爆体験をうかがう平和学習も行われ、多くの生徒が深い感銘をうけています。本校生徒が毎年、長崎市の平和式典に参加して「千羽鶴」を歌っており、式典中継の最後を飾る姿としてよく知られています。今もなお、世界各地で戦火が絶えることはありません。これまでも戦火に苦しむ人々や恵まれない人々のもとに、義援金を送るといった自分たちでできることを続けていました。これからも純心の平和学習は、平和への願いを込めた地道な活動を続けていくつもりです。