<{$xoops_sitename}>
サイト内検索(google)
 
学園紹介
トップ >  学園紹介  >  校長挨拶

学園紹介

校長挨拶




純心中学校・純心女子高等学校   校長 東 千代子


純心中学校・純心女子高等学校は、キリスト教的人生観に基づいて中高一貫教育を行っています。 本校の教育は、聖母マリアを理想と仰ぎ、「清く、賢く、優しい女性」の育成を目指しています。 聖母マリアに倣って、神と人々に喜ばれる人となり、仕え合う幸せの輪を社会に広げていくことが よりよい社会の実現のための第一歩であることを確信し、純心教育の基本としています。

校長


 

1 キリスト教的人生観・世界観・価値観に基づいて教育します。

(1)すべての人間は神に愛され、神の子どもとして創られています。自分自身をありのままに受け入れると共に、他者を同じ神の子どもとして愛し敬って生きることを教えます。
(2)神にも人にも感謝できる人間を育てます。人間は誰かの支えや協力なしに、人間らしく生きることはできません。感謝のできる人こそ、真の幸いな人と言えるでしょう。感謝の心を大切にすると同時に、それを言葉や行いで表すことができる人となれるよう育みます。


 

2 聖母マリアを理想と仰ぐ子女の教育に努めます。

(1)聖母マリアのような「清く、賢く、優しい女性」を理想とし、目指します。そして、聖母の諸徳、特に純潔、謙遜、清貧、慈愛、忍耐、慎みの徳を体得できるよう育みます。
(2)「マリア様 いやなことは 私がよろこんで」を実践することによって、他者に開かれた生き方と、進んで愛と奉仕に生きる心を育みます。
(3)聖母マリアが、どんな時にも神への深い信頼のうちに生きられたように、祈りの心を大切にし、聖母マリアへの取り次ぎを願いながら生きる姿勢を身につけます。


 

3 教育の充実に全力を尽くします。

(1)学力の向上を目指し、教養の向上をはかり、社会で生きていく力を培います。
(2)個々人が持つ能力・個性・意思を大切にし、自分のよさを生かしながら進展できるよう、個々人にふさわしい学習を準備し、取り組みます。
(3)女子教育を重視し、女性の持つ豊かな特性と、女性に与えられている責任を自覚することにより、自立した魅力ある感性の豊かな女性への成長を目指して育みます。
(4)国際社会に適応し活躍できるための語学教育、知識や技術の習得に力を入れます。
(5)個々人の個性を生かしつつ、個の確立、正しい判断力、強い意志力、協調性、責任感、明朗性を体得することによって、社会に貢献できる人間となるよう育みます。


 

4 平和教育に力を入れます。

(1)本校は被爆市長崎にあり、本校自身が被爆校なので、特に殉難教職員学徒の姿から平和の尊さを学びます。
(2)被爆校である本校の使命として、歴史を風化させることなく、戦争の悲惨さと平和の尊さを訴え続けていく「平和の使者」となるよう育みます。
(3)本校では、朝鮮戦争時の1952年から世界平和のために毎朝ロザリオの祈りを唱え続けてきました。本校にできる平和活動の一つとして、これからも世界平和のために祈り続けていきます。

聖母マリアのように清らかな心で

「今」を意識して精一杯生きる

 今年度の教育目標は『かけがえのない「今」を私らしく生きる』です。実践項目として、
(1) 「今」やるべきことに集中する。
(2) 「今」情熱と粘り強さをもってやり抜く。
(3) 「今」を感謝の心で生きる人になる。
です。
 人間は時間という限界の中で生きています。人生は「今」の連続です。「今」を生き続けることによって、自分の人生がつくられていきます。人生に一度きりの中学時代、高校時代を、皆様はどのように歩もうとしていらっしゃるでしょうか。今一度、どのような学校生活を送ろうとしているのか、どのような目標・夢に向かって勉強・部活動・習い事などをがんばろうとしているのか、しっかり考え、自覚して歩んで参りましょう。
 『かけがえのない「今」を私らしく生きる』。この教育目標の、「私らしく」も大切にしていただきたいと思います。人と比べる必要はありません。キリスト教の聖書では、人間は神に造られたと書かれています。しかも、神は、すべての人間を、最高に満足してお造りになったと書かれているのです。神様が非常に満足しておられる私を、感謝のうちに、精いっぱい花開かせてください。自分に限界をつくることはやめましょう。自分の欠点を謙虚に受け入れて、私しか生きることのできない私を、喜びをもって豊かに成長させて参りましょう。
 自分の目標に向かってひたすら前進し続ける上で大切なのが、笑顔だと思います。笑顔の中には、ポジティブな心が隠れています。自分のことであくせくしてばかりいるのではなく、見えない部分にも気配りができる余裕を持っているということです。人のことを考え、手助けができる心の余裕をもっているということです。そもそも、私たちは、なぜ自分を成長させたいのでしょう。なぜ、自分の持っている良さを生かしたいのでしょう。それは、自分の持ち味を生かすことが自分の喜びとなると同時に、他の人々の喜びになることを知っているからです。
 純心は女子校です。女性の特性を伸ばして、「神様にも人にも喜ばれる存在になること」すなわち「喜びを与える存在になること」が、純心教育の根幹にあります。
 純心のめざす女性像は、聖母マリアのように、― 清く、賢く、優しい ー 女性です。
清く ・・・ いちずで、ふたごころがなく、ありのままの自分を受け入れ、本物を求め続ける。
賢く ・・・ 判断力と強い意志をもち、謙虚で、学び続けることを惜しまない。いつも前向きで、女性としての品位(礼儀作法・マナー・姿勢・言葉づかい)が備わっている。
優しい ・・・ 明るい笑顔と温かい声かけで、周りの人々の喜びとなる。人の弱さや欠点に寛容で、ユーモアのセンスがある。いつも感謝の心を忘れず、愛と奉仕の精神が身についている。
 『笑顔でやり抜く』ことは、いつからでも始められます。純心マッチの精神を胸に、笑顔でやり抜きましょう!