<{$xoops_sitename}>
サイト内検索(google)
 
学園紹介
トップ >  学園紹介  >  建学の精神

学園紹介

建学の精神

 純心女子学園の設立母体である純心聖母会は、1934年(昭和9年)に日本人初の司教早坂久之助によって創立された修道会です。 純心という校名は、「聖母の汚れなき御心」に捧げられた修道会の精神からつけられています。 本学園はカトリックの精神にもとづく「聖母マリアを理想」とした女子教育を行っています。 1945年(昭和20年)8月9日には原爆投下により校舎は全焼、多数の生徒・教職員が殉難するという苦難もありましたが、現在では保育園・幼稚園・中学校・高等学校・大学・大学院をもつ学園として発展し、東京・鹿児島にも姉妹校があります。 また純心聖母会は、長崎・鹿児島・山口・広島・東京・埼玉・ブラジルにおいて幼稚園・保育園・老人ホーム・診療所を設けるなど教育・福祉事業にたずさわっています。

教育方針

清く・かしこく・やさしい女性に

カトリックの精神に基づいた女性としての生き方を、学園の理想とする聖母マリア(清く・かしこく・やさしい女性)に倣い、豊かな人間性を育みます。目まぐるしく変化する世界の中にあっても、ゆるぎないキリスト教的価値観で愛と感謝、そして奉仕する心を深めます。「祈り」と「学び」で織りなされた学校生活も、静かな落ち着いた雰囲気につつまれ、教師と生徒が互いに信頼し合い、授業や学校行事を通して、人としてかけがえのないものを学びます。
 

確かな学力

基礎学力の充実をはかり、将来への「学ぶ力」を養い、豊かな知識と人間性を育てます。そのためにも、一人ひとりが自分の能力と適性を最大限に伸ばし、自主的にゆとりを持って学んでいくことができるように「二学期制」を導入しています。また、実力養成のため、隔週土曜日に授業を行います。放課後の補習やきめ細かな個人指導をはじめ、長期の休みの希望進路に応じた補習などを通して実力を身につけ、「学んだ力」を発揮します。