<{$xoops_sitename}>
サイト内検索(google)
 
純心の英語教育

純心の英語教育

純心の英語

 2020年に行われる大学入試改革に向けて「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能を、バランスよく育てます。充実した授業や家庭学習はもちろんですが、学校生活にも様々な工夫を凝らして、楽しくたくさんの英語に接することができます。「英語って楽しい」「英語が自由に話せるようになりたい」という気持ちを生徒自身が日常的に感じることが大切です。体操の内村航平選手は、長年辛いトレーニングに耐えられた理由を「体操は本当におもしろく、楽しませてくれるから」とし、「両親がくれた一番のプレゼントは、喜びや楽しみのために体操の練習をすると思わせてくれたこと」と話しておられます。校内の教室や廊下など、あちこちに生徒が作成した英語の作品や掲示物が張り出され、お昼の英語放送も始まりました。純心の英語は楽しい!
参考出典 http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20160812/Searchina_20160812123.html
(編集担当:今関忠馬氏)