<{$xoops_sitename}>
サイト内検索(google)
 
クラブ活動
最新のエントリ
カテゴリ一覧
ブログ カレンダー
« « 2018 10月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

クラブ活動

女子力カテゴリのエントリ

 10月の月訓は『祈り』です            

 ― 神の母聖マリア 私たちのためにお祈りください ー

 

 

10月の月訓は「祈り」です

 ―世界平和を願い、ロザリオの祈りを捧げましょうー

 

現在も続く世界の紛争地域 

フィリピン・ミャンマー・東トルキスタン・カシミール・アフガニスタン・

イエメン・ソマリア・シリア・パレスチナ・南スーダン・西サハラ・

ウクライナ・コロンビア …

 

 

10月の心がけ

①「読書の秋」に、本を楽しくたくさん読みましょう。

 読書で話題が豊かな人に変身できます。

   コミュニケーション力がアップします。

 国語力や語彙(ごい)力が上がります。

 文章力が身につきます。

 想像力が高まります。

  ストレス解消になります。

 

 

 

 

 

②「スポーツの秋」に体を動かしましょう。

  例えば、

・ウォーキング・散歩    ・筋肉トレーニング

  ・ジョギング・マラソン   ・体操(ラジオ体操ほか)

  ・水泳           ・登山

  ・トランポリン       ・ボーリング

 

 

③「食欲の秋」こそ、食事をおいしくいただきましょう。

  秋に食べたい食材は … 例えば、秋刀魚(さんま)・鮭・(なすび)

さつまいも・かぼちゃ・

果物(梨・ブドウ・柿・りんご・栗…)

 

 

 

④「芸術の秋」に、音楽・絵画・演劇・舞踊などに親しみましょう。

  例えば「長崎県立美術館」の企画展は

    ●明和電機ナンセンスマシーン展 in 長崎

     20181006日(土)~ 20181111日(日)

●クアトロ・ラガッツィ 桃山の夢とまぼろし

 ―杉本博司と天正少年使節が見たヨーロッパ

     20181123日(金・祝)~ 20190127日(日)

 

 

⑤「思索の秋」に、人生について、希望することについて、愛について など、

  思いを深くめぐらしてみましょう。

哲学者には散歩好きが多いです。思索しながら散歩をするのです。

  ドイツ人の哲学者カントは、毎日決まった時間に散歩をしながら考えました。

  カントが散歩した道は「哲学の道」と名づけられています。

日本人の哲学者 西田幾多郎も、京都の「哲学の道」を好んで散歩をしていたそうです。

 

「苦しみこそが、活動の原動力です。

活動の中にのみ、我々は私たちの生命を感じます。」

「成功に至る第一歩は、自分が心で何を望んでいるかを見つけ出すことです。

    それがはっきり分からないうちは、何を期待してもだめでしょう。」

                    ―イマヌエル・カントー

 

 

―江角ヤス初代校長先生のお言葉―

「たくさんお祈りしてちょうだいね。

それは、神さまとお話ができる

たった一つの方法よ。」

 

 

  9月の月訓は『遵法』です。           

 

―活動的な夏から沈思黙考の秋へー

 

 

 

9月の月訓は「遵法」です

 ― 社会の秩序を学び、良心的に生きる ー

 

 

9月の心がけ

9月は前期の締めくくりの月です。体育大会や

期末テストに向けて、早めの準備をしましょう。

・提出物や係の仕事などは、責任をもって取り組みましょう。

・相手の立場に立って行動しましょう。

・身のまわりをいつも清潔に保ちましょう。

 

 

「学べば学ぶほど、私は何も知らないことがわかる。

自分が無知であると知れば知るほど、

私はより一層学びたくなる。」

         ―アルベルト・アインシュタインー

 

 

スポーツの秋『体育大会』 

 

 

 

食欲の秋・ 芸術の秋・勉強の秋を満喫しよう!

 

 

 

 ―江角ヤス初代校長先生のお言葉―

一人ひとりの心に、真の愛の心、他人の立場に立って

愛の心で物事を考えたならば、平和な喜びの日々を送

ることができるのではないでしょうか。

卒業生 合同歌集『さくら』に出品

カテゴリ : 
女子力
 2018-8-15 6:03

 卒業生の橋本元子様 合同歌集『さくら』第28集に出品 

 

NHK学園で、短歌を学び続けて21年になられる卒業生の

橋本元子様が、この度、合同歌集に作品を出されました。

その一部を、ご紹介いたします。

 

 

 

生も死も急に身近に思わるる君産みし日の夜半の目覚めに

 

生まれこし時のあなたと産みしわれ未来開けり痛みをわかち

 

人目には健やかそうな人だって心の中に凸凹はある

 

コンビニの店員さんの一言にいやされている冬の一日

 

厨より夫と娘が炊事する水音きこえ会話が聞こゆ

   8月の月訓は『親孝行』です           

 

 

 

8月の心がけ

・夏休みは、校外で行動することが多くなります。

 中学生・高校生らしい服装や言葉遣いに気をつけて、

 マナーを守り、規則正しい毎日を過ごしましょう。

・善いことを主体的に実践するよう努めましょう。

 日頃の感謝を込めて、学園標語「いやなことは

私が よろこんで」の実践に努めましょう。

・かけがえのない『今』を、私らしく生きましょう!

 

「人の価値とは、その人が得たものではなく、

その人が与えたもので測られる。」

「誰かの為に生きてこそ、人生には価値がある。」

        ―アルベルト・アインシュタインー

 

 8月の月訓は「親孝行」です

 せめて夏休み中には、私らしく「親孝行」を実践したい!

 例えば…

  「こんなに気持ちがいいなんて!」

 

 

「部活で鍛えた腕力発揮!」

 

 

 「焼きそば作りはまかせて!」 

 

「お母さん、いつもありがとう!!」 

 

 

―江角ヤス初代校長先生のお言葉―

あなたたちは小さいけれども、胸の中に

清い愛の火を宿しています。その火をおこし、

あたたかい愛の火を、社会や家庭、それぞれ

の場所で広げていく存在でいてください。

どうぞ、一人ひとりが純心マッチになって

ください。

 

 

 

『かのこ百合と千羽鶴』

 

今年も89日の「原爆慰霊祭」が訪れてきました。

73年前、被爆校である本校も、214名の生徒・教職員を失い、校舎は全焼しました。

被爆した1945年から今日までの72年間、校内で「原爆慰霊祭」を行ってきました。

校墓を囲んでの慰霊祭では、初代校長江角ヤス先生がお好きだった『かのこ百合』を、

毎年飾ってお祈りしています。

平和公園で行われる「平和祈念式典」では、卒業生の大島ミチルさんが作曲された

『千羽鶴』を、本校の生徒たちが歌わせていただいています。

『かのこ百合と千羽鶴』は、本校にとって、戦争の悲惨さと世界平和の尊さを意識さ

せてくれる大切な存在です。

 

 

♦◆卒業生が育ててくださった『かのこ百合』です◆◆

 

 

♦◆体育館で『千羽鶴』の合唱の練習をしました◆◆

 

 

 

7月の月訓は「勤勉」です。

カテゴリ : 
女子力
 2018-7-1 1:45

    7月の月訓は『勤勉』です           

 

7月の月訓は「勤勉」です

 何事にも、一生懸命取り組みましょう。

 信念をもって貫き通せば、やがて自信なります。

 人に流されず、人のことを言わず、やるべきことをやりましょう。

 

 

成功とは、失敗に失敗を重ねても情熱を失わない能力のことだ。

Success is the ability to go from failure to failure

without losing your enthusiasm.

            ―ウィンストン・チャーチルー

 

 

 7月の心がけ♡

善いことを選び、実行する力を身につけましょう。

・身だしなみに気を配りましょう。

・公共の場でのマナーを実践しましょう。

 

 

 

―江角ヤス初代校長先生のお言葉―

自分に与えられた境遇や才能を

感謝して受けとめて、

いつでも神様を喜ばせ、

人を喜ばせる子になりましょう。

6月の月訓は「親切」です。

カテゴリ : 
女子力
 2018-6-14 2:40

    6月の月訓は『親切』です           

 

 

6月の月訓は「親切」です

人の一生における最善のもの

それは

誰の目にもふれない

誰の記憶にも残らない

愛と思いやりのこもったささやかな行為

     ―ウイリアム・ワーズワースー

 

 

6月の心がけ♡

・制服を美しく着ましょう。

・物を大切に取り扱いましょう。

・車内でのマナー、挨拶など、すがすがしい言動を心がけましょう。

・傘や靴下の替えを、常に準備しておきましょう。

 

 

 

 

―江角ヤス初代校長先生のお言葉―

6月は「イエス様のみ心の月」です。

イエス様が、どんなに人を愛してくださったかということを黙想する月です。

「おのれのごとく人を愛せよ」というのが、イエス様の掟です。

私たちは、自分の生活をかえりみて、

実際に、他人を自分ほど愛しているかということを考えてみましょう。

 卒業生 新海智弓さん「アースキャラバン長崎」代表として活躍   

 

                        「キッズゲルニカ」の前で(左から2人目)

 

 

 アースキャラバン2018長崎 「ピーストーク 音楽LIVE  詩の朗読」 

日時 714日(土)13:30

場所 諏訪神社  ※入場無料(ぜひ、ご参加ください!)

 

 【プログラム)】

  ★純心女子高等学校 音楽部『祈りの歌』

  ★アミナダブ(音楽LIVE

  ★クリス・モズデル(詩の朗読)

  ★サミー・アワド(ピーストーク)

  ★子どもたちの平和メッセージ

  ★アースキャラバン 自転車の出発!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   3月の月訓は『感謝』です。                      

 

31日(木)は、高校の卒業式でした。吹奏楽部の12年生が、

 江角記念館前で、卒業生への感謝を込めて演奏してくださいました。

 

 

 

     

 下級生にとっても、1年間のしめくくりの時です。

 家族、先生方、友人、お世話になった方々に、

心からの「ありがとう!」を伝えましょう。

 

  

 

 

 

― 江角ヤス初代校長先生の言葉 ―

神様にも人にもよろこんで頂くためには

どのようにしたらいいでしょうか。

それは、聖母のようにあらゆるものを

感謝の心で受け止めることです。

 

 

 

 

 

 

  2月の月訓は『犠牲』です            

 

25日(月)は、日本最初の殉教者である「日本二十六聖人」を

記念する日です。

私たちも殉教者の精神に倣って、寒さに負けず、

「いやなことは 私がよろこんで」の実践に励みましょう!

他者のために自分を裂く犠牲によって、愛は実践されるのです。

月訓を意識して過ごしましょう!

 

3年生は、いよいよ卒業です。

 12年生も、それぞれ進級の時期を迎えます。

 自分らしい花を咲かせることができましたか?

 

 31日(木)は高校の卒業式。10日(土)は中学の卒業式です。

特別な式に臨むような場合には、特別な美しい作法があります、

身なりを整えて、失礼のないようにしましょう。

 

 

 

 

― 江角ヤス初代校長先生の言葉 ―

苦しみのない人生は空っぽです。

あとから思い返したら。

苦しみはすべて

善に変わっているのよ。