<{$xoops_sitename}>
サイト内検索(google)
 
クラブ活動
最新のエントリ
カテゴリ一覧
ブログ カレンダー
« « 2018 11月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1

クラブ活動

バスケットボール部(中学校)カテゴリのエントリ

 48回長崎市会長杯中学校バスケットボール大会 準優勝!

 

201898日(土)・9日(日)・15日(土)に行われた

「第48回長崎市会長杯中学校バスケットボール大会」で

純心中学校バスケットボール部は、みごと準優勝!に輝きました。

決勝戦は敏捷性が更に増し加わっていて、見応えのある試合展開

でした。応援くださった皆様に心から感謝いたします。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 ◈◆◈ 2018年 長崎市中総体 準決勝進出! ◈◆◈

 

69日(土)・10日(日)に行われた「長崎市中総体バスケットボール競技」で

本校バスケットボール部は、2日間勝ち抜き、明日の準決勝戦に挑みます!

引き続き、熱い応援をよろしくお願いいたします!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『平成29年度長崎県中学校総合体育大会バスケットボール競技』

 

722日(土)~24日(月)に行われた『平成29年度長崎県中学校総合体育大会バスケットボール競技』で、本チームは第3位で受賞することができました。負傷者が多く出ましたが、みんなで団結して、最後まであきらめずに、一つひとつの試合に全力を出し切って挑んだ大会でした。たくさんのご声援をいただき、ほんとうにありがとうございました。これからも、バスケットボールが大好きな部員と支え合い、新たな心で頂点をめざして全力投球して参ります。今後とも、応援をよろしくお願いいたします。

            

 

1回戦 ○純心中 75 - 51 小野中

2回戦 ○純心中 50 - 25 吾妻中

決勝リーグ1試合目 ×純心中 36 - 79 広田中

決勝リーグ2試合目 ×純心中 43 - 48 三重中

決勝リーグ3試合目 ○純心中 44 - 41 長与第二中 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 『平成29年度長崎市中学校総合体育大会バスケットボール競技』

610日(土)~12日(月)に行われた『平成29年度長崎市中学校総合体育大会バスケットボール競技』で、みごと準優勝に輝きました。たくさんのご声援をいただき、ほんとうにありがとうございました。722日(土)から佐世保で行われる県大会でもがんばります。引き続き、応援をよろしくお願いいたします。

               純心 83  : 13 長大附属

             純心 81  : 42 江平

             純心 72  : 31 土井首

             純心 47  : 45 西浦上

             純心 55  : 57 三重

 

 

 

 46回長崎新聞社杯争奪長崎市中学校バスケットボール大会

 

422日(土)(於:長大附属中学校)と23日(日)(於:純心中高体育館)に行われた

『第46回長崎新聞社杯争奪長崎市中学校バスケットボール大会』で、上位4チームに入る

ことができました。応援ありがとうございました。

次回は、429日(土)に、三重中学校と対戦します。引き続き、応援をよろしくお願いい

たします。

             純心 108 : 20 大浦

             純心 53  : 50 片淵

             純心 73  : 42 香焼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここは長崎県立体育館(通称 アリーナ・カブトガニ)です。

午前の試合を勝ち、いよいよ午後1時(予定)から決勝戦です。

会場からどんどん新しい情報をお届けします。

ぜひ応援を」お願いいたします。

 

昨日は強敵・東長崎と大接戦、

一進一退の攻防を制し、44 対 40 の僅差で勝利、

今日の試合に臨みます。

 

朝からは対長与中学

68 対 53 で勝利

波に乗ってきました。

決勝リーグ2戦2勝です。

 

 

 

先ほど、ハーフタイムの練習が終わり、

コートから選手たちが出てきました。

 

 

 

いやが応にも緊張感が高まってきます。

 

 

 

 2階応援席に上がってきました。

 

普段から本校と、バスケットボール部の活動を応援いただいている

保護者の皆様方です。

 今朝も学校から生徒たちと一緒に動いていただいております。

感謝の気持ちで一杯です。

  

 

そして、あそこに見えるのが優勝旗

 

 きっと持ち帰ります。

 選手団、応援団ともに強く強く優勝を信じて頑張ってきました。

 

 

 

 前の試合も終わり、選手たちがフロアーに出て試合前最後の練習開始です。

 「ファイト」のかけ声もすぐそばで聞こえています。

 

  いよいよ始まりました。

 

 第一クオーター残り2分30秒

 18対3

 順調な滑り出しです。

 

 

 

 第一クオーター終了です。

 

 

リズムよく攻守の切り替えができています。

ボールを支配できている時間も長く、安定の試合運びです。

 

 

 第2クオーター終了しました。

現在 35 対 17 です。

 

 

後半に向けて先生方から大きな声で指示が飛びます。

 

 応援団の生徒たちも、一安心、ちょっぴり休憩です。後半に備えます。

 

 

 

  いよいよ後半です。

気は抜けません。

 

 

応援団もますます元気な声で声援を送ります。

 

 

「まだまだ!!」

 

 

先生方の指示もますます熱気を帯びてきます。

相手の小島中学もさすがです。

得点が開かなくなってきました。

ハーフタイムでチームを立て直してきました。

 

 

現在 37 対 22  

リードしています。

 

 

 

  いよいよ大詰めです。

第3クオーター終了です。

 

41 対 28

 

優勝に向け、全力です。

 

 

 

 

お陰様で、優勝できました。

53 対 35 のスコアでした。

 

九州大会、全国大会に向けて、また、今から練習です。

応援ありがとうございました。

 

上位大会での活躍をご期待ください。

これまで以上の熱烈な応援をお願いいたします。

 

試合終了の笛が鳴りました。優勝の瞬間です。 

 

 

 

 

おかげさまで、感動の表彰式です。 また一つ大きな勲章が増えました。

 

コート上で活躍できたのは、控えの選手たちの力強い支えの賜物です。

最高のチームメイトです。

みんなで勝ち取った優勝旗です。

 

 

 

選手たちの自信に満ちあふれ、誇らしげな表情と

達成感、満足感一杯の表情が大変素敵でした。

 

 

応援ありがとうございました。また、新たな出発です。

 

 

私たちの夢には、まだ、続きがあります。

次の夢実現のために、また走り続け、ボールを追い続けます。

 

 今日のこの喜びを一緒に分かち合って下さる保護者の皆様方

本当にご協力と応援ありがとうございました。

 

皆様の期待に応えられるよう今後も頑張ります。

 

 

そばで生徒たちと純心のこれからをぜひ見守っていただけたらと思います。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 初優勝! 

  西日本スポーツクラシック第31回全九州中学生大会

 
   ※ この大会は現在「西日本スポーツクラシック全九州中学生大会」と呼ばれておりますが
      改称される以前の、前身の大会でも2連覇しております。 
           通算3度目の優勝ということもできます。
 
 
 
2015年、1月4日から3日間,福岡市西区の西体育館などで西日本スポーツクラシック第31回全九州中学生大会(全九州中学生バスケットボール大会実行委員会・西日本新聞社主催)が実施されました。
 
 
 
予選トーナメント   純心 68-31 鶴崎
             純心 64-40 玄洋
 
準決勝         純心 59-49 青山
 
 
決勝 純心 48-43 二島
 
 
   (写真は表彰式直後の自信にあふれた表情の選手達です)
 
 
 
 
前回大会より2連覇を狙っていた二島中学との決勝戦となりました。
 
 
純心も,過去の第28回,29回大会では,3位を勝ち取ってきましたが
いずれも決勝戦を逃してきました。
「今年こそ決勝戦へ,そして初優勝を」
選手達も,監督・保護者も気持ちは同じでした。
 
 
「みんなで『絶対,勝つ』と気持ちを1つにして戦いました。
 とても嬉しいです。」
 
とは,2年生の主将の言葉です。
優勝旗を手にしながら笑顔でコメントしてくれました。
 
 
 
 
決勝戦を振り返ってみると・・・
 
 
決勝戦は第1クオーターから全開!
まずは12-4で8点リード,
第2クオーターでは更に得点を重ね,
19点の大量リードを奪ってハーフタイムを迎えました。
 
しかし,実はこの二島中学とは因縁の対決,
昨年は2戦2敗の対戦成績です。
試合巧者であり,決して楽には勝たせてくれません。
 
案の定,第3クオーターからは猛烈な反撃にあいました。
 
「もっとオフェンスとディフェンスの切り替えを早く!」
 
と声をかけ合いながら戦い続けましたが,
ムードがガラッと変わり,劣勢に立たされました。
快勝ムードは一気に消え去り,リードはみるみる縮まっていきます。
 
 
 
懸命に走り続け,逃げ続ける純心,
追いすがり,ジリッ・・・ジリッ・・・と差を詰める二島
もどかしい,息苦しい時間が過ぎていきます・・・
 
 
 
一進一退のゲーム展開が続きますが
何とかリードを保ち続け,逆転は許さず頑張り続けました。
 
 
 
しかし,ついに第4クオーター残り31秒になったところで,
二島中学に6点差まで追い上げられました。
 
ここで監督の尾崎千夏先生が,すかさずタイムアウト
絶妙のタイミングでした。
 
 
 
「落ち着いていこう」
のひと言が選手達を奮い立たせました。
最後は5点差で逃げ切ることに成功し,初優勝することができました。
 
 
こうして悲願の九州大会制覇を成し遂げました。
あわせて,最優秀選手,優秀選手も各1名選出されて表彰を受けました。
 
歓喜の瞬間を迎えることができた幸せを,全員で感じることができました。
 
 
 
次の目標は,まずは長崎県代表として夏の全国大会の出場権を勝ち取ることです。
 
長崎市の中総体から一戦一戦,
目の前の試合に全力を傾けていこうと思っています。
 
今大会の最優秀選手に輝いた1年生(センターフォワード)の

「基礎練習をしっかり積んで,
 先輩達が到達できなかった頂点を目指します。」
 
という言葉にチーム全員の決意が表れていました。
 
 
 
 
これからもチーム一丸となって頑張ります。
皆様の応援をお願いいたします。

 

第35回 長崎県中学校バスケットボール競技 新人大会

第33回 全九州中学校バスケットボール春季選手権大会

において,皆様の応援のおかげで優勝することができました。

3月の九州大会への出場も決定し,ますます練習に励みます。

今後も応援よろしくお願いいたします。

 

   7月28日(土)~30日(月)に、大村シーハットで行われた県中総体で、中学バスケットボール部がみごと優勝しました。決勝リーグでは、51―30 66―43 58―54の結果でした。応援していた中学のN先生は、「ハラハラする場面もありましたが、選手一人ひとりが頑張っていて、とてもよい試合でした。特に、逆転した時は、感動しました。九州大会も期待しています。」とのことです。次は、8月6日から鹿児島で行われる九州大会です。長崎県を代表しての試合に、選手たちも熱が入っています。皆さん、応援をよろしくお願いいたします。

 

 

第41回長崎新聞社杯長崎市中学大会の決勝が、4月29日(日)に三菱重工総合体育館で行われ、堅い守備とリバウンドの強さが光り、40点差で優勝しました。第1クオーターは、19-16の小差でしたが、その後は、15-5、21-4、19-9 と実力を発揮しました。
選手達は、全国大会出場を目標に、毎日熱心に練習を続けています。皆さん、応援をよろしくお願いいたします。